Top >  コンドロイチンとは >  コンドロイチンとは?DHCとの関係は?医薬品?

コンドロイチンとは?DHCとの関係は?医薬品?

コンドロイチンという成分を知っていますか?コンドロイチンは、生命維持に
必須の物質です!特に膝関節における有効な働きで有名です。
ここでは、コンドロイチンの歴史と働きに迫ります!




【コンドロイチンとは】

コンドロイチンという名は、ギリシャ語で軟骨を表すコンドロスに由来します。
特に軟骨に多く含まれますが、軟骨以外のあらゆる組織にも存在します。

多くの臓器や組織で”調整役”として働くと共に、身体の機能を正常に保ち、
炎症や痛みを鎮め、病原体を排除し、神経線維を伸張する能力もあります。
コンドロイチンは、多くの臨床分野でその効力を発揮すると考えられています。



【コンドロイチンの発見】

今から140年以上前の1861年に、ドイツの科学者フィッシャーによって、
コンドロイチンは初めて、牛の軟骨から発見されました。

発見されてからしばらくは、その構造の複雑さゆえに、コンドロイチンが
体内でどんな働きを有しているのか、なかなか解明されず、
当初は謎の多い物質として扱われていたのです。



【コンドロイチンの医薬品への利用】

研究が進むにつれて、コンドロイチンは第3の生命物質といわれるムコ多糖の
代表物質であることがわかってきました。

1930年代になり、コンドロイチンが頭痛に対する効果があることが認められ、
日本でも研究が始まりました。始めたのは東大の江上教授です。

コンドロイチンが、医薬品として始めて市販されたのは1955年。
発見から約100年ほど経ってからのこと、今から50年ほど前のことです。

スポンサードリンク

その他コンドロイチン,炎症,効果,臓器,病原体の情報

コンドロイチンを実際に使用してみる!DHCとの差は?
コンドロイチンについて、講習を受けてきました。

肌に良い!というだけで、ここまでの人気になるのか??
実際にコンドロイチンの成分が入っている化粧とともに
モニタリングしてみるのが一番なんじゃないかと思っていました。

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂るほうが良い?
コンドロイチンは単品でも、関節に非常に良い効果をもたらしますが、
最近のサプリメントには、グルコサミンも配合されていることが多いです。
グルコサミンとコンドロイチンの関係についてお話します!

コンドロイチンの副作用を教えて!
コンドロイチンは、私たちの生命維持に必須の物質ですが、特に膝関節における
痛みを改善してくれることで有名です!そのほかにも五十肩や腰痛、神経痛、
美肌作りにも効果のあるコンドロイチン、安全に摂取する方法をお話します。

関節痛にもコンドロイチン!
コンドロイチンは、関節痛にも非常に効果があります!コンドロイチンが、
関節の潤滑と鎮痛の2役をこなすその働きを説明します!!

五十肩にもコンドロイチン!
コンドロイチンは、あらゆる痛みや炎症に効果的なネバネバ成分です!
ここでは、肩関節にも弾性を与え、五十肩に効果を表す点を紹介します!!

神経痛にもコンドロイチン!
コンドロイチンは、様々な身体の痛みに効果があることが分かっています。
腰痛などの筋肉痛にも効果がありますが、ここでは神経痛に対して、
神経繊維を保護し、痛みをブロックする効果を紹介いたします!

腰痛にもコンドロイチン!ヘルニアに効果アリ!
コンドロイチンは、幅広い効果を持っていることをご存知ですか?
ここでは、発痛物質を吸着除去して腰痛を改善する効果を紹介します!

美肌作りにもコンドロイチン!
コンドロイチンは体の様々な痛み・炎症に効果があることが分かっていますが、
実は肌にも非常にいい効果をもたらす事が分かっています!コラーゲンと共に
作る美しく瑞々しい肌のために!美肌のためにもコンドロイチンを摂りましょう


コンドロイチンとは

コンドロイチンの成分はひざ関節を治療したりするのに有効なものです。医薬品としても出ている

関連エントリー

コンドロイチンとは?DHCとの関係は?医薬品?