Top >  コンドロイチンの効果 >  関節痛にもコンドロイチン!

関節痛にもコンドロイチン!

コンドロイチンは、関節痛にも非常に効果があります!コンドロイチンが、
関節の潤滑と鎮痛の2役をこなすその働きを説明します!!




【関節痛にはコンドロイチンを!】

骨同士が互いに動く連結部を関節といい、向かい合う骨の表面は軟骨により
覆われ、クッションの役割を果たしています。直接触れあう軟骨の間は、
関節液に溶けたヒアルロン酸で満たされています。

コンドロイチンもヒアルロン酸も同じムコ多糖類であるため、関節は滑らかに
接触でき、骨同士の摩擦は極端に小さくなっています。

この働きによって、関節がほとんど無摩擦状態になるため、スポーツ選手は
肩や膝の関節を痛めることなく、運動が可能です。関節が動かなくなるのは、
疲れて筋肉に乳酸が溜まって、神経と筋の接合部が酸性になるせいです。

しかし、加齢などの原因で関節を使いすぎると、軟骨が磨り減ってきます。
骨が互いに当たるようになると、関節は動きにくくなり、痛みが出始めます。
これは、骨の表面を覆う骨膜の知覚神経が刺激されるせいです。

この時にコンドロイチンを摂取すると、痛みを起こす発痛物質を吸着して
痛みを抑えてくれます。さらにコンドロイチンは、関節の細胞に作用して、
炎症を和らげ、関節液を補充してくれる効果も認められています。



【なぜ軟骨が磨り減るの?】

軟骨が磨り減ってしまう元凶は、実はコンドロイチンの不足のせいです。
軟骨の重要な成分であるコンドロイチンが減少することで、軟骨は本来の弾力を
失い、そのクッション機能も落ちてしまっているのです。

首や腰、体重を支え続けている膝関節の健康のためにも、
コンドロイチンの体内合成が衰えてくる中年以降は、積極的に体外から
コンドロイチンを補いたいものです。

スポンサードリンク

その他関節痛,原因,軟骨,コンドロイチン,効果の情報

コンドロイチンを実際に使用してみる!DHCとの差は?
コンドロイチンについて、講習を受けてきました。

肌に良い!というだけで、ここまでの人気になるのか??
実際にコンドロイチンの成分が入っている化粧とともに
モニタリングしてみるのが一番なんじゃないかと思っていました。

コンドロイチンとは?DHCとの関係は?医薬品?
コンドロイチンという成分を知っていますか?コンドロイチンは、生命維持に
必須の物質です!特に膝関節における有効な働きで有名です。
ここでは、コンドロイチンの歴史と働きに迫ります!

グルコサミンとコンドロイチンは一緒に摂るほうが良い?
コンドロイチンは単品でも、関節に非常に良い効果をもたらしますが、
最近のサプリメントには、グルコサミンも配合されていることが多いです。
グルコサミンとコンドロイチンの関係についてお話します!

コンドロイチンの副作用を教えて!
コンドロイチンは、私たちの生命維持に必須の物質ですが、特に膝関節における
痛みを改善してくれることで有名です!そのほかにも五十肩や腰痛、神経痛、
美肌作りにも効果のあるコンドロイチン、安全に摂取する方法をお話します。

五十肩にもコンドロイチン!
コンドロイチンは、あらゆる痛みや炎症に効果的なネバネバ成分です!
ここでは、肩関節にも弾性を与え、五十肩に効果を表す点を紹介します!!

神経痛にもコンドロイチン!
コンドロイチンは、様々な身体の痛みに効果があることが分かっています。
腰痛などの筋肉痛にも効果がありますが、ここでは神経痛に対して、
神経繊維を保護し、痛みをブロックする効果を紹介いたします!

腰痛にもコンドロイチン!ヘルニアに効果アリ!
コンドロイチンは、幅広い効果を持っていることをご存知ですか?
ここでは、発痛物質を吸着除去して腰痛を改善する効果を紹介します!

美肌作りにもコンドロイチン!
コンドロイチンは体の様々な痛み・炎症に効果があることが分かっていますが、
実は肌にも非常にいい効果をもたらす事が分かっています!コラーゲンと共に
作る美しく瑞々しい肌のために!美肌のためにもコンドロイチンを摂りましょう


コンドロイチンの効果

コンドロイチンの様々な嬉しい効果を紹介します!五十肩や神経痛・腰痛や美白にも効果あり!

関連エントリー

コンドロイチンを実際に使用してみる!DHCとの差は?
関節痛にもコンドロイチン!
五十肩にもコンドロイチン!
神経痛にもコンドロイチン!
腰痛にもコンドロイチン!ヘルニアに効果アリ!
美肌作りにもコンドロイチン!